2016年03月19日

ポルボロン ④ ~草津~

 この一週間色んなことがありました。卒業式、入試の合否発表、次の学校の入学手続き・・・たくさんの人とお別れした一週間。
無事進学先も決まり、桜に祝福してもらう準備は整いましたが、それはまだ4月の話で、3月は別れ一色

 中学の卒業式は感慨深いものがありました。我が家では下の子が義務教育を終えるという、色んな意味で親の責任、母親の育児がひと段落の瞬間でした。嬉しいはずなのに、こんなにも淋しいとは
 上の子の時は、「早く大きくなれ」という気持ちが大きかったのですが、下の子はなぜかまだもっと子どもでいて欲しい気持ちが無いとは言えないのが正直なところ。もう、うちに小中学生という小さい子どもがいなくなりました

 上の子は中高一貫校なので、親子ともに中学の卒業式→高校の入学式は同じメンバー。楽しいものでした。
「着物着る?」「行かなあかん?」「おいおい」なんて、卒業式に母親同士でランチしながら、形だけの卒業・入学式について笑いあったものでした。

 しかし、下の子は高校受験を選んだので、中学の卒業式は泣けました 式に聞いた校歌が最後。なぜかこの一週間頭の中に校歌がぐるぐる。一生懸命歌う姿が焼き付けられたようです。

 春からは進学先も色々

 またこの一年、一歩早くフルタイムで仕事復帰してしまった為、放ったらかしにしていた下の子。いたからと言って、何かできたわけではなかったけど、色々話しをする時間がなかったことに反省。
 たくさん悩んだり、ストレスも抱えていたようです。その矛先は塾の先生へと向かい、うまいもので塾長さんがすべて聞いてくださっていたようです。

 学校から帰り、塾に行く間に家が留守という〝下の子あるある”(実は私もそうだった)、夕食がコンビニということが多くなってしまい・・・寝不足とステレスもあり口内炎だらけになっていたのは、母親として反省しかありません。やっぱりもう一年家にいてやりたかったな・・・。
 こればかりは仕事のタイミングもあり、殿も自分を責めるなと言ってくれるのですが、自分の中では猛省です

 担任の先生とのお別れもありました。まだ若い20代の青年です。私達親世代よりもより高校受験を近い年に経験しており、目線が近いのでどんな話にも耳を傾けてくれ、行事に一喜一憂してくれたようです。先生でありお兄さん的存在で、その先生のこれからの活躍もお祈りしています。お世話になりました。

 そして塾の先生たちお世話になりました。中学2年からの2年間、成績は右肩あがりでした。子どもの悩みを聞いて頂き感謝しています。勉強の大切さだけでなく、たくさん人間として大切なことをたくさん教えて下さいました。学校では何か言うとモンスターPが出現する今、塾の役割が大きくなってしまったことは否めません。勉強は塾でやりました。とても感謝しています。毎日毎日夜22時に迎えに行き、がんばったのはいい思い出です。

 しばらく、メソメソと淋しさを感じていましたが・・・いよいよ入学予定者招集日があり、制服採寸、教科書販売が始り、新たな出会いと希望が胸にわいて来ました 新学期までの宿題もたんまりいただき、親は請求書とにらめっこです。

 さあ4月からの出会いを期待して準備をしよう!殿は早速、中学時代の教科書を廃品回収に出そうとくくって子どもに怒られていました。

 入学式の服でも試着しておこうかな。いいお天気の三連休でまさに春ですね・・・

 クリームパンが食べたくなって。ポルボロンへ。

ポルボロン
草津市新浜町83-1
7:00~17:00  
定休日:火曜日   🅿60台



ポルボロン (クリームパン120込) (1).jpgポルボロン (クリームパン120込) (6).jpg
120円(込)


posted by oisiimonotabearuki at 21:00| 滋賀 ☁| ■■パン・サンドイッチ■■ | 更新情報をチェックする